JAMBOREE! in ×××

獣人好きのゲイがいろいろ描いたり知らせたり。

Category :  連絡
tag : 
jamboree_copy.jpg
りんごのおいしい季節になったからといって一日5個はさすがに自重するべき→自分。

こんにちは、jinです。
来年5月に開催予定の野郎フェス2012に申し込みました(画像はサークルカット)
大人気の祭典なので受かるといいのですが。

先日、「ショットザーメンイントゥマイケツ」「ヨガリポインツナイス角度」「金メダルアクメでハメ出しハットトリック」などの頭がおかしい人知を超えた領域の喘ぎ声でおなじみの商業作家、砂先生のインタビューズを拝見する機会があったのですが、その中で

嫌なのがエロい、といった魔法がエロにはつきまとっているわけです。だから、自分の嗜好を越えて嫌だと思う領域まで踏み込み、それはエロくないかどうかを踏査しなくてはならないと考えたわけです。<砂先生インタビューズより抜粋>

という一節に深く共感しました。
今まで自分がもやもやと感じていたことがすぱーんと言い表されたすっきり感というか。
嫌なことや言葉=嫌らしい=やらしい
という公式はなんとなくですがエロにおいて広く応用できると思うのです。
ただここで大切なのは適温加減を見つけ出すことかと。
抜けそうで抜けない、でもちょっと抜けるラー油エロのギリギリの見極めラインは実際に描いて反応を見るしかないので。
それが先鋭的過ぎて振り切れてしまうと、万人受けしない非常にニッチなマニアしか理解できない、最悪誰にも召し上がれないものになってしまうという諸刃の剣。
(筋肉オヤジ体毛汗満載なガチホモやケモホモがそもそも激ニッチとか言わない)
「ねーよw…いやでも、ちょっとアリ、かな…?」な、今までの範疇でありながらほんの少しそれをはみ出して未来へ行く先達のフロンティアエロスピリッツによって、みさくら語やアヘ顔が開拓されいまやひとつのカテゴリーにまでなったことを考えると、先人の苦労と努力と成功がしのばれます。
俺もそういう領域を開拓できるのに憧れますが全然まだまだなので、せめて開墾に携われるようにひたすら精進しなければいけないなあと深く感銘を受けました。

でも正直、砂先生のエロセンテンスは先鋭的過ぎてギャグとしてしか見れない…

コメント

見てくれるかな?
初めまして!!!コミックG.Gで表紙に大きく書いてあったので期待したらそれ以上でした!!久しぶりにかなりあたりの人が来たなと感動しました!
隅々まで読んでいるとサイトのアドレスも書いてあったのでさっそく来ちゃいましたww獣人も書いてあるということでこれほどうれしいことは滅多に無いっていうほど喜んでしまいましたw(俺は獣人大好きなケモナーなのでw)
「大人になったら」のあのモサモサ具合も良すぎ、絵も良すぎで何回抜いたことか(殴 すいませんww
応援しています!!これからもがんばってください!!
2011/11/20 03:24  iku  URL  #-  編集


>ikuさん
ご感想ありがとうございます。
商業誌ということもあって気合が空回ってないか不安だったのですが、こうして好評だという反応をいただけると本当に一安心です。
俺も普段から人間もケモノも両方たしなんでいるので両方楽しんでいただけるのは嬉しいです。
まだまだエロの深遠目指してこれからも頑張りますので応援していただければ幸いです。
2011/11/21 22:20  jin  URL  #k4p9tOO6  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://jinksfromnowhere.blog71.fc2.com/tb.php/47-a74bda4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ツイート

検索フォーム

リンク