JAMBOREE! in ×××

獣人好きのゲイがいろいろ描いたり知らせたり。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  連絡
tag : 
DLsake2.jpg
お洒落に気を使う素敵な若パパではない、だっさいもっさいお父ちゃんを所望である。

こんにちは、jinです。
勤労感謝の日ということで近所のショッピングモールにも子連れのご家族がいっぱい、ガチムチ肉体労働系父ちゃんを見ては奥さん相手に腰を振って種付けしたであろうシチュを妄想して楽しんでいました。おまわりさんこいつです。

というわけで「大人の科学~焼酎の出来るまで~」のダウンロード販売を開始いたしました。
↓こちらからどうぞ
Digiket.com内作品ページ

日々寒くなる晩秋の夜長、体毛汁だく同人誌とともにほっとするような優雅なひと時を過ごされてはいかがでしょうか、全裸で。
スポンサーサイト
Category :  連絡
tag : 
jamboree_copy.jpg
りんごのおいしい季節になったからといって一日5個はさすがに自重するべき→自分。

こんにちは、jinです。
来年5月に開催予定の野郎フェス2012に申し込みました(画像はサークルカット)
大人気の祭典なので受かるといいのですが。

先日、「ショットザーメンイントゥマイケツ」「ヨガリポインツナイス角度」「金メダルアクメでハメ出しハットトリック」などの頭がおかしい人知を超えた領域の喘ぎ声でおなじみの商業作家、砂先生のインタビューズを拝見する機会があったのですが、その中で

嫌なのがエロい、といった魔法がエロにはつきまとっているわけです。だから、自分の嗜好を越えて嫌だと思う領域まで踏み込み、それはエロくないかどうかを踏査しなくてはならないと考えたわけです。<砂先生インタビューズより抜粋>

という一節に深く共感しました。
今まで自分がもやもやと感じていたことがすぱーんと言い表されたすっきり感というか。
嫌なことや言葉=嫌らしい=やらしい
という公式はなんとなくですがエロにおいて広く応用できると思うのです。
ただここで大切なのは適温加減を見つけ出すことかと。
抜けそうで抜けない、でもちょっと抜けるラー油エロのギリギリの見極めラインは実際に描いて反応を見るしかないので。
それが先鋭的過ぎて振り切れてしまうと、万人受けしない非常にニッチなマニアしか理解できない、最悪誰にも召し上がれないものになってしまうという諸刃の剣。
(筋肉オヤジ体毛汗満載なガチホモやケモホモがそもそも激ニッチとか言わない)
「ねーよw…いやでも、ちょっとアリ、かな…?」な、今までの範疇でありながらほんの少しそれをはみ出して未来へ行く先達のフロンティアエロスピリッツによって、みさくら語やアヘ顔が開拓されいまやひとつのカテゴリーにまでなったことを考えると、先人の苦労と努力と成功がしのばれます。
俺もそういう領域を開拓できるのに憧れますが全然まだまだなので、せめて開墾に携われるようにひたすら精進しなければいけないなあと深く感銘を受けました。

でも正直、砂先生のエロセンテンスは先鋭的過ぎてギャグとしてしか見れない…
Category :  連絡
tag : 
DSC_1107_copy.jpg
ケツの周りはク(自粛)

こんにちは、jinです。
事前準備は計画的に。

というわけで数日前にコミックG.G. No.04の見本誌が届きました。
開ける→いきなり俺の漫画の扉絵→閉じる、を乗り越えて中を拝見いたしましたが、濃いわー。
「ガチムチ&ベアーズ」なテーマの通り、ガチムチで体毛もっさりな熊オヤジや熊兄貴がこれでもかと出てきて何とも実用性の高い一冊になっていると思います。

それだけでなく戦艦コモモ先生の少年誌的バトル感あふれるSEX描写とかNODAガク先生のデフォルメガチ筋描写とか、その他の先生方の体毛の表現やエロい効果や密度の濃い画面作りとか、漫画として楽しむだけでなく色々学ぶことも出来て勉強になりました。

DSC_1109_copy.jpg
個人的には、印刷でつぶれないかと心配してた体毛もきちんと出てて一安心(製品版にはモザイクは入りません念のため)

ともあれ、コミックG.G. No.04、BIG GYM様やRainbow Shoppers様ほか、一般書店でも発売開始ですのでご興味のある方はぜひぜひどうぞ。

↓以下は先日、某牛角で牛角さんを牛々角々した話。

Read More...

ツイート

検索フォーム

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。